クリスマスまでの楽しみ方

2020/12/10お子さま便利帳

クリスマスまでの楽しみ方

クリスマスのお菓子つづきのコラムですが、

毎年楽しみにしているのがシュトーレンです。

ドイツでは伝統的なクリスマスのお菓子。

「坑道」を意味する名前がつけられ、

形はトンネル型が基本です。

 

このお菓子のよいところは、1日で食べてしまう

ケーキと違って、クリスマス当日を待つまでの

アドヴェント期間に少しずつ食べていく風習を

あわせて楽しめるところです。

 

日が経過していくとフルーツの風味が生地に

しみ込んでいき、味の変化が楽しめますし、

シュトーレンをきっかけにティータイムが増え、

ゆったりとした時間をもてるところがよいです。

 

3週間程度は腐らずにもつお菓子ではありますが、

後半はちょっとパサつくこともあります。

そんなときのお勧めは、バターを塗って焼くこと。

これもまた風味豊かになりますね!

 

お子さまが食べられるように、お酒を含まない

シュトーレンもあります。

これからクリスマス当日にむけてご家族で

楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

※写真は、ミンネさんに登録されている大阪の

「べーかりーかふぇ伊勢屋」さんから届いた

7種のフルーツと3種のナッツのシュトーレン。

ラッピングもクリスマス仕様で素敵でした。

シュトーレン好きの私の理想のお味だったので

来年もお願いするつもりです。