3.11から10年がたちます

2021/03/11えにすたコラム

3.11から10年がたちます

3.11。大津波や火災など、東北地方を中心に
被害は大きく、当時の被災地から届く映像に
言葉を失ったことを鮮明に思い出します。
10年経った今でも忘れられない日です。

 

家族や大切な人を失い、住む場所を失い、
それでも強く、この10年を生きてこられた
方々が多くいらっしゃいます。

 

昨年、家族が被災地ボランティアをしていた
歌津を訪れる機会がありました。
そこで当時関わった方々と縁あって再会でき、
招き入れてくださった自転車整備工場の
事務所でゆっくりお話できました。

 

お子さんは頼もしく成長されていました!

 

被災地のためにできることは何か…
それはとても難しいです。

 

ただ、いま生きているわたしたちが
日々を大切に、家族や友人、関わりある
方々に感謝を伝えながら過ごすこと、
震災の日を忘れずにいること、
未来に備えることが必要だと感じました。

 

今日、あらためて被災地の皆様のお気持ちに
心を寄せて祈りを捧げたいと思っています。

 

写真:南三陸 歌津 田束山より