ご利用規約

第1条 通則

株式会社えにすた(以下「当社」)が企画・運営・監修する知育の訪問型レッスン、マンツーマンレッスン、グループレッスン、ワークショップおよびそれに付帯するサービス(以下「本サービス」)は、本規約に同意した受講生・知育コーチ・えにすた提携講師(以下、すべて「ユーザー」という)によって受講・提供・サービスサイトへの掲載依頼をすることができるものとする。

なお、ユーザーのうち受講生については、サービスの利用方法を区別する場合に下記の表記とする。

  1. 知育受講生:知育の訪問型レッスン(ふたばコース・つぼみコース)の受講生
  2. 一般受講生:習い事等のレッスン受講生

受講生として利用するユーザーが未成年の場合は、法定代理人親権者において、本規約の内容を確認の上で同意を得て本サービスをご利用いただくものとする。

第2条 利用上の注意

1. ユーザーは、登録またはサービス利用時に使用したメールアドレス等を含む情報(以下「登録情報」)を自己の責任下で管理するものとする。
2. 本サービス利用で生じた結果ならびにそれに伴う一切の責任については、利用登録を行った本人に帰属する。
3. 登録またはサービス利用時に当社に提供した情報の管理は、ユーザーが自己の責任の下で行うものとし、登録情報が不正確または虚偽であった為にユーザーが被った一切の不利益および損害に関して当社は責任を負わないものとする。
4. 本サービスに必要な情報をユーザーに届けるために、当社はユーザーにSMS(携帯電話ショートメッセージ)やスマートフォンアプリを利用したメッセージを送信することがある。また、ユーザー側でブロック機能等を設定している場合であっても、当社の送信メッセージがユーザー側の端末に配信される事がありうることを予め承諾するものとする。

第3条 知育の訪問型レッスンの受講について

知育の訪問型レッスンは会員制とし、幼稚園の学年でいうところの年少の年齢のお子さまを対象とした 「ふたばコース」、年中及び年長の年齢のお子さまを対象とした「つぼみコース」の2コースがあり、いずれも原則は知育受講生のご自宅での受講、月2回の定期受講とする。
「つぼみコース」については全48回(通常は受講開始から2年)で完結するカリキュラムに沿ってサービスを提供するため、入会時期によってはカリキュラムの終了時期が年長の年齢以降となることがある。

1.知育の訪問型レッスンは会員制サービスとし、知育受講生となるには、本レッスン申し込みの前に、お子さまの特徴やレッスン受講の目的を明確にするためのヒアリング等をする体験レッスンを受講するものとする。
なお、ふたばコースからつぼみコースに継続・移行する場合の体験レッスンは不要とする。
2.体験レッスン受講後、会員となって本レッスンを受講する意思がある知育受講生は、当社所定の方法により入会の意思表示を行う。知育受講生は、当社所定の料金表に基づき、「入会申込書」に記入・署名を行い、入会金を支払った上でレッスン料を支払うものとする。なお、ふたばコースからつぼみコースへの継続・移行時も別途の入会金を要するものとし、その入会金にはつぼみコース特有の教材費用を含むものとする。
3.当社は、いかなる場合も入会金の返金は行わないものとする。
4.入会金は、割引価格で提供されることがある。価格は、当社のサービスサイト等での記載の通りとする。
5.知育受講生は、入会金及びレッスン料のほか、レッスン料に含まれる教材以外に発生するレッスン時の諸経費の実費を負担するものとする。
6.知育受講生は、レッスン料を本契約時に合意したレッスン初回日にスマートフォン対応の決済アプリケーションを通じて支払うこととする。それができなかった場合は、当社が指定する期日までに所定の銀行口座へ振り込み、必ず支払うものとする。なお、振込手数料は受講生の負担とする。
7.知育受講生はレッスンキャンセルが生じた場合、当社に連絡を入れ、同月内の振替の調整または教材を受領することでレッスンに代えることを申し出るものとする。
なお、振替の調整は1回限りとし、振替ができない場合には教材を受領することでレッスンは消化とし、返金を受けることはできないものとする。
8.知育受講生は退会を申し出ることができ、申出は退会を希望する月の2か月前の25日までに当社管理部宛のメールで行うものとする。申出期間を過ぎた場合には、申し出のあった時点の2か月後末日の退会となり、その期間までのレッスン料については支払い義務が生じるものとする。
9.知育受講生に転居等が発生し、当社サービス提供エリア外となる場合、前項の退会手続きを行うものとする。
10.知育受講生が知育コーチの交代を希望する場合は、当社に相談するものとする。ただし、希望する地域に必ずしも交代可能な講師が存在しない場合があることをあらかじめ了承するものとする。

第4条 各種講座等の受講について

各種講座等は会員制ではなく、えにすた提携講師が当社サービスサイトを通じて講座等の一般受講生を募集し、サービスを提供するため、講座等の内容や受講料等の要件が異なる。なお、講座等の掲載はその開催日の翌日以降または当社とえにすた提携講師の協議のうえで終了とし、サービスサイト内での終了通知は行わないものとする。

1.一般受講生は入会金を支払うことなく知育の訪問型レッスン以外の当社提供サービスを利用することができるものとする。
2.一般受講生は、当社所定の料金表に基づき、当社の定める方法に従って、受講料を支払うものとする。
3.一般受講生は、受講料のほか、教科書や楽器等のレンタル・購入費用、受講場所の利用料など、その他受講に伴い発生する諸経費の実費を負担することがある。予約時に対象の講座等の掲載内容を確認し、その記載内容に従うものとする。
4.一般受講生は当社サービスサイトから講座等の予約を申し入れ、当社の提携講師と合意した日時及び場所において受講するものとする。当社からメール等による「予約確定連絡」を発信した時点で当該講座等の予約は完了したものとし、受講料の支払い義務が生じる。受講料はあらかじめ、または受講日当日にスマートフォン対応の決済アプリケーションを通じて支払うものとする。いずれにも対応できなかった場合には当社が指定する期日までに所定の銀行口座へ振り込み、必ず支払うものとする。なお、振込手数料は受講生の負担とする。
なお、受講料の支払い後は同条6項の講師側の事情を除いては、いかなる場合も返金は行わないものとする。
5.一般受講生は予約が完了した講座等については原則としてキャンセルはできないものとする。ただし、やむを得ない事情でキャンセルすることとなった場合には講師との協議・調整により同月内の振替を実施することがある。なお、キャンセルによって生じた一般受講生負担の諸経費(施設費やレンタル費等)は一般受講生の責任において手続きや費用負担をするものとする。
6.一般受講生は、講座等の予約が完了した後であっても、講師側の事情で講座等がキャンセルとなる場合があることを予め承諾する。講師側の事情でのキャンセルに伴う施設やレンタル物品の諸経費及び受講料は講師が負担するものとする。その場合、受講生に対して領収書等の証憑の提出を求める場合があることを、受講生は予め承諾するものとする。
7.受講に必要な教材・機材等の調達は、講師と受講生が協議の上、受講生の責任において行うものとする。
8.本規約に基づく一般受講生のサービス利用期間は、当社が予約確定連絡を発信した時点から、予約対象の講座等の受講完了、振替による受講完了、キャンセルによる受講権利の放棄をした時点、または講師側の事情によるキャンセル及び返金が完了した時点とする。
10.当社は、サービス利用期間を終えた一般受講生に関係する一切の情報(個人情報やコンテンツ等)を引き続き保有する義務はないものとする。

第5条 個人情報の取扱い

当社は、本サービスの提供を行うにあたり、関係法令及び当社プライバシーポリシーを遵守の上、ユーザーの個人情報の取扱いを行うよう努めるものとする。ユーザーは、当社が当社プライバシーポリシーに従ってユーザーの個人情報を取り扱うことにつき、予め承諾する。

第6条 著作権

1.当社のサービスサイトに講座等の掲載を希望するユーザーは、自ら著作権等の必要な知的財産権を有するか、または他者の著作権や肖像権等を侵害していないテキスト、図形、画像、音声、動画等の情報(「コンテンツ」と言う)のみ、掲載依頼をすることができるものとする。ユーザーが本項の規定に違反し、当社、他ユーザー、または第三者との間で、コンテンツの権利に関する争いが発生した場合、ユーザーはその責任と費用において解決を図るものとし、当社に一切の迷惑をかけないものとする。また、ユーザーは、本サービス上に掲載されたコンテンツが第三者によって侵害された場合でも、当社が当該侵害に対して一切の責任を負わないことを予め承諾する。
2.当社のサービスサイトに講座等の掲載を希望するユーザーが本サービスを利用して掲載したコンテンツの著作権については、当該ユーザーに帰属するものとする。但し、当社は、自由にその利用(複製、編集、翻訳、改変、転載、公衆送信(送信可能化を含む)、伝送、配布、出版、公開、営業使用等その他あらゆる利用を含む。)をすることができるものとする。かかる利用には、必要に応じて当該コンテンツを自由に変更して、当社の自社媒体及び広告媒体を含む他社媒体に無償で掲載することを含むものとする。また、ユーザーは当社に対し肖像権の権利を行使しないものとする。
3.ユーザーの同意のもとに当社が撮影するユーザー紹介およびレッスン及び講座等の内容に関するコンテンツの著作権(著作権法第27条及び第28条に定める権利を含む。)は、原始的に当社に帰属するものとする。ユーザーは当社に対して著作者人格権、肖像権など、当社のコンテンツ使用を妨げる権利を行使しないものとする。
4.ユーザーは本サービスの退会、利用期間の終了、業務委託契約終了後も当社が提供する自社媒体及び広告媒体を含む他社媒体に肖像を含むコンテンツが掲載され続ける場合があることに予め同意するものとする。
5.ユーザーが自ら著作権等の必要な知的財産権を有しているコンテンツを除いて、本サービスおよび本サービスに関連する一切の情報についての著作権およびその他知的財産権はすべて当社または当社にその利用を許諾した権利者に帰属しており、ユーザーは無断で利用をしてはならないものとする。

第7条 直接取引の禁止

1.直接取引(中抜き行為)とは、知育コーチと知育受講生またはえにすた提携講師と一般受講生の間で、当社を介在せずにレッスンを提供(営利、非営利を問わない)することや、金銭の授受を行うことを指す。
2.ユーザーは、直接取引を求めてはならず、自ら又は第三者をして直接取引をしてはならないものとする。
3.ユーザーは、前項の勧誘を他ユーザーから受けた場合は、これを即座に拒絶し、当社管理部へ速やかに報告する義務が発生するものとする。
4.ユーザーが、直接取引の実施あるいは勧誘行為を行ったことが判明した場合、当社が被った損害の賠償として、金10万円の罰金を課することがある。なお、この規定は、別途この賠償金を超える額の当社が被った損害の賠償請求を妨げるものではない。

第8条 その他の禁止事項

本サービスの利用について、ユーザーの故意または過失を問わず、当社が認めたものを除き、次の各号に掲げる場合に該当すると当社が判断する行為を禁止する。これらの行為は、サービスの提供の対面時に限らず、電子メールを含むメッセージのやりとり等、いずれかの場で行われたかを問わず禁止される。
(1)レッスン等の当社が意図するものとは異なる商業行為
ア.ユーザーが当社の提供する本サービスを、商業目的で利用する行為(使用、再生、複製、複写、販売、再販売等の形態のいかんを問わない)
イ.ユーザーが、本サービスを通じて入手した情報について、複製、販売、出版、公開その他の方法において、個人としての私的使用以外の使用をする行為、また、他のユーザー、ユーザー以外の第三者をして同様の行為をさせる行為
ウ.営利または非営利を問わず、全ての医療及び医療類似行為
エ.他ユーザーの個人情報を収集、蓄積する行為、またはこれらの行為をしようとすること
(2) 反社会的行為
ア.法令または公序良俗に違反する行為
イ.虚偽または誤解を招くような内容を含む情報等を発信する行為
ウ.通常利用の範囲を超えてサーバーに負担をかける行為、およびそれを助長するような行為、その他 本サービスの運営、提供または他のユーザーによる本サービスの利用を妨害し、またはそれらに支障をきたす行為
エ.ウィルス等の有害なコンピュータープログラムを送信する行為
オ.第三者の産業財産権(特許権、商標権、実用新案権、意匠権等)、著作権、企業秘密等の知的財産権を侵害する行為
カ.第三者(第三者については個人もしくは法人または私人もしくは公人の別を問わず、第三者の特定については本名、ユーザーへのリンクその他の記載形態または手段を問わない。)の誹謗中傷、第三者の信用、名誉、プライバシー権、肖像権、財産権その他一切の権利を侵害する行為
キ.ストーキング行為その他第三者に対する嫌がらせ行為
ク.民族、人種、性別、年齢等による差別につながる行為
(3) わいせつ、暴力的表現、出会い目的行為
ア.性的交渉の勧誘、その他わいせつな行為
イ.暴力的内容その他一般ユーザーが不快に感じる行為
ウ.その他、未成年者の人格形成等に悪影響を与えると判断される行為
(刺青、未成年者の飲酒、喫煙、家出等を誘発する行為等)
(4) その他
ア.政治活動、宗教活動行為
イ.利用停止されたユーザーが再度サービスを利用すること
ウ.利用停止されたユーザーを故意または過失により招待する行為
エ.ユーザー資格を第三者に利用させるまたは譲渡する行為
オ.1つのユーザー資格を複数人で利用する行為または1人で複数のユーザー資格を保有する行為
カ.本サービスの全部又は一部の利用権を当社が定めた方法以外の方法で譲渡または売買する行為
キ.アクセス誘導等を目的として、無差別かつ大量にアクセス履歴を残す行為
ク.当社又は本サービスの信用を傷つけ、あるいは当社のサービス運営を妨害する行為
ケ. その他、当社が合理的な理由に基づき不適切と判断する行為

第9条 免責事項

1.本サービスには、身体活動を伴うサービスを含むが、次の各号に掲げる事項について、当社は一切の責任を負わないものとする。本サービス利用の際には、ユーザーは自身の健康状態やレッスン等の安全性を確かめた上で、自己責任で利用するものとする。
(1) サービス提供時間内およびサービス提供前後の怪我、疾病あるいは健康状態の悪化
(2) サービス提供時間内および提供前後の個人の所有品の破損及び紛失
(3) サービス提供に伴う移動中に発生した損害
(4) サービス提供の会場に起因して発生した損害
2.本サービスの提供場所については、原則、知育の訪問型レッスンは受講生の自宅、それ以外の講座等はえにすた提携講師の自宅や教室として用意している施設、受講生の自宅、カフェや貸し会議室、貸し音楽スタジオなどで行われるものとし、受講生は予約時に対象の講座等の掲載内容を確認し、その記載内容に従うものとする。
特に受講者の自宅、えにすた提携講師の自宅をサービスの提供場所とする場合、そのリスクを十分に理解した上で、自己責任で受講するものとし、当社は物品や金銭の紛失や破損、人的関係に起因する問題、傷害事件等について一切の賠償責任を負わないものとする。
3.当社は、信頼できるサービスや情報をユーザーに提供できるよう努力するが、本サービス利用の結果として、 ユーザーの基準での上達・成長・改善等を約束するものではない。
4.本サービスのうち、ユーザーの体質や健康状態に伴う対応については受講生が保証・承諾したものとする。
(1)現在の健康状態は良好でありレッスンの参加に何ら問題を生じることが予想されないこと。
(2)アレルギー体質、過敏症などの特異体質や既住症など、さらには宗教上その他の理由などにより、医師が緊急医療のために知っておく必要がある事項がある場合は、事前に申告すること。
(3)受講中、講師によりレッスンの参加や継続に支障があると判断された場合、参加中止勧告を受け入れること。
また、受講生の負傷、事故に遭遇、あるいは発病した場合には、受講生に対し応急処置を施すことを承諾し、その応急処置の方法および結果に対しても異議をとなえないこと。
(4)受講中に負傷した場合、またはこれらに基づいた後遺症が発生した場合、あるいは死亡した場合においても その原因の如何を問わず、レッスンに関わる全ての関係者に対する責任の一切を免除すること。

第10条 サービス停止および終了

1.当社は、次の場合、本サービスの全部又は一部を予告なく停止することができるものとする。
(1)当社又は通信事業者等の事故、災害、メンテナンス、バージョンアップその他技術的理由により本サービスの提供が不能又は困難となった場合
(2)当社の責によらない事由により、本サービスの提供が不能又は困難となった場合
2.当社は、当社の都合により、本サービスの提供を終了することができる。この場合、当社サービスサイト上またはその他の方法でユーザーに通知するものとする。
3.前各項の場合において当社は、ユーザーに対する債務の遅滞又は不履行の責任を免責されるものとし、これによるいかなる損害も負担しないものとする。

第11条 利用停止

1.ユーザーが本規約の禁止事項に違反し、または違反するおそれがあると当社が判断した場合、当社は、ユーザーによる本サービスの利用を直ちに停止することができるものとする。
2.本条第1項に基づき利用停止とされたユーザーは、当然に期限の利益を失い、当社に対して負担する一切の金銭債務を直ちに弁済するものとする。
3. 本条第1項に基づく利用停止は、ユーザーに対する損害賠償を妨げないものとする。

第12条 権利義務の承継

当社は本サービスにかかる事業を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い本規約に基づく権利及び義務並びにユーザーの情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、ユーザーは、かかる譲渡につき、本項において予め同意したものとする。なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとする。

第13条 損害賠償

本サービスに起因し又は関連して当社の責めに帰すべき事由によりユーザーが損害を被った場合、当社がユーザーに対して負担する責任は、当該損害が生じた時点から遡って2ヶ月間において本サービスの利用期間中にユーザーから当社に対しレッスン料等として支払われた合計額相当額を限度とするものとする。
なお、本規約の他の規定において当社が免責される旨が定められている場合には当該規定が優先して効力を有するものとし、ユーザーは、本項が当社が免責される場合にも責任を負う趣旨ではないことを予め確認する。

第14条 誠実協議

本規約に定めのない事項又は疑義が生じた事項については、当事者間において信義誠実に協議するものとする。

第15条 規約の改訂

本規約の内容は、利用者に通知することなく変更することができるものとする。
当社が別途定める場合を除き、変更後の規約は、本サービスサイトに掲載したときから効力を生じるものとする。

第16条 管轄裁判所

当社及びユーザーは、本規約に起因し又は関連する一切の訴訟について、その訴額に応じて、東京簡易裁判所または東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることに合意するものとする。

2020年2月 制定